紅椿放浪記

――――彼は崩れ行く浮世に何を思い馳せるのか。

暇人間

歴史・時代 休載中
42分 (24,761文字)

143 85

あらすじ

「"俺"は俺だ。 それ以外の何者でもない。 でも―――"あたし"も俺なんだよ?? 嗚呼、一度だけでいいから。 あたしの名を呼んで、 ・・・・・・せんせ」 「お前が誰かなンて、

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品