茜色の双牙~新撰組鬼神伝~

近藤、土方、沖田に愛され『鬼神』と謳われた少年剣士の物語。

KÅZU

歴史・時代 休載中
6時間25分 (230,837文字)

926 273

あらすじ

 時は幕末、世は血風と維新の風が吹き荒れる動乱の時代――  誠の旗を掲げ、一心を貫く剣客集団『新撰組』の中で、唯一無比の剣士と謳われた少年がいた。  鞍馬の刺客、一条咲郎(イチジョウ・サクロウ)

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品