誰そ彼cafe au lait

おいしいカフェオレの淹れ方

二屋

青春 完結
5分 (2,550文字)

12 61

あらすじ

 珈琲を飲まない彼女のために、カフェオレを淹れてあげようと思った。  黄昏の光だけが、わずかな時を輝かせている。夜の闇が訪れるまでの、短いときを。  久しぶりに淹れるカフェオレを零れてしまわないよう

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません