バカと天才と召喚獣

「流石秀吉だ・・・・一瞬でムッツリーニのライフを0にするなんて」「ムッツリィィニィィ!!」

536 18

青春 休載中
1時間5分 (38,628文字)

あらすじ

とある天才が居た。 その天才は文月学園歴代の中でも最高だと言われていた。 言われていた。 文月学園はA~Fクラスにわかれており、それぞれ学力によって入るクラスがかわる。 当然Aが最高。Fが最低で

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2011/9/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る