雪華-セッカ-

陰陽師の姫君が月夜に出逢ったのは、白い神様でした。

沙夜華

ファンタジー 休載中
23分 (13,774文字)

104 101

あらすじ

時は戦国。 武将たちが天下を狙う中、京に一風変わった戦い方をする家があった。 三門家と呼ばれるその家は、この時代の前までは、陰陽師一族として、名を連ねていた。 異能と呼ばれし陰陽術を操り、

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る