ドロップ

短編集。――今日僕は、君に別れを告げる。

雛臣えむ

恋愛 休載中
17分 (10,004文字)

143 312

あらすじ

  いろんな味がする。 いろんな色がある。 ドロップの缶を振って 次に出てくるのは――。 出てくる飴の色や味を想像しながら缶を振る時のあの気持ち。 それを、物語で与えられたら素敵だろう

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る