恋のCO2.

安定剤の口移し。そんなに近くで見つめられたら――息をするのも忘れそうになる。

雛臣えむ

恋愛 完結
21分 (12,318文字)

1,943 2,420

あらすじ

安定剤の口移し―― 「痛くしないでください……」 「無茶言うなよ」 【目を細めて笑って、そんなに近くで見つめられたら――息をするのも忘れそうになる】 私は“転勤族”の家の娘(コ)だった。

シリーズタグ

感想・レビュー 25

何度読んでも良いですね(*≧∀≦*) ふたりの空気感大好きです♪
2件1件
9月の特集入り、おめでとうございます♪ヽ(・∀・)ノ
2件1件
読み終えて、なんだか心がほっこりしました。 過去の出来事が原因で人間関係や恋愛することに臆病になっていた主人公・風花ちゃんの心情が、転校してきた晴香くんとの出会いをきっかけに少しずつ変化していく様子
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る