イアン・ケイの冒険

昭和50年代の中頃。小学校で起きた小さな事件。🍎ぷちミステリーです。

魚住ゆう

47分 (27,625文字)

304 3,238

あらすじ

昭和50年代の中頃。 主人公の魚住優(うおずみ・ゆう)は当時、小学三年生。ごく平凡な少年で、ごく平凡な日々を送っている。 だが、まだ二学期なって間もないある日の放課後、クラスメイトの机の中から

感想・レビュー 5

基本的な暗号ミステリーですが、ジュブナイルミステリー(※なんとなく講談社で出版されている“青い鳥文庫”で多く出ている、小学生でも楽しめるミステリー作品です)として楽しめました! 主人公であるイアン・
読みやすくて、先が気になるからとページをめくっていると、いつしかページをめくる手が止まらなくなる面白さ☆ 最後の最後まで、ワクワクしながら読めました☆
1件
遅れせばながら、優秀賞おめでとうです! 改めて読み返してみましたが、やはりすごい。  物語の構成、学校ならではの謎かけ。学校とは子どもにとってミステリアスな舞台となりうる場所である。
1件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る