大きな背中 小さな温もり

ある作家の担当となった相沢光太。彼が挨拶に伺うと出迎えたのは四歳の少女だった!

聖堂天音

21分 (12,576文字)

5 3

あらすじ

都内の高級マンション『七宝』に住む、超売れっ子作家の担当編集者となった、相沢光太。 彼が挨拶に伺うと出迎えてくれたのは四歳の少女。 この子は一体誰!? ※ 暗い部分があります。苦手な方はご遠慮くださ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

一気に読んだ作品は初めてです。 続きが気になります。 当たり前なコメントでごめんなさい。。

この作者の作品