HeimatRose 最期ノ闘

【更新】その男の陰謀は十年前に始まっていた。幕末以上の動乱に、両雄相見える

華不朽

歴史・時代 休載中
6時間1分 (216,581文字)

504 665

あらすじ

ハイマートローゼ 最期の闘 ■■■ 明治二年。北の大地で、幕末の争乱以来長きに渡る戦いが終わりを告げた。多くの旧幕臣は、明治政府に頭を垂れた。 その中で、ただ一人。それを拒んだ男がいた。群狼の生き

感想・レビュー 2

イベントへの参加ありがとうございますm(_ _)m この作品の世界観はとても面白いと思います。 土方歳三が生きていたら……。 そんな、誰かが考えそうでも書くのは難しいであろう題材を、綺麗
ネタバレあり
1件
本小説は、明治時代における大陸、清国を舞台にした架空歴史小説である。 大陸(大清帝国)で暗躍する謎の男、狂雲子。彼に付き従う、女性参謀・兼軍師の竜胆(りんどう)。清国の為政者たる人物、李鴻章。太政官
6件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品