月と花

よーやく更新

朝月

歴史・時代 休載中
29分 (17,174文字)

76 28

あらすじ

── 白い月光に照らされた、名も知らぬ花の蕾 月下のもと、小さな恋の花を開かせる ── 感情なんて知らなかった ただ人を殺すことしか教えられなかった私の手を取った貴方に時が経つにつれて抱い

感想・レビュー 1

こんにちは!コメントが出来ないため、こちらから失礼いたしますm(_ _)m この度は「幕末作品見させて!読ませて!描かせて!」に大切な作品のご参加ありがとうごさいます!主催の猫宮と申す者にございます

この作者の作品