髪,声,君,恋――ひとつ

人見知りな私の隣の席は、一見、チャラい男でした。

光月

恋愛 完結
1分 (5文字)

1,489 2.3万

あらすじ

「ラーメンて言えば何味?」 「え…み、味噌かな」 「なに?!ラーメンつったら醤油だろ! 合わねーな! 味噌なんか味噌汁で味わえ」 彼と、初めてちゃんと会話したのがこれでした。↑ そんな彼

目次 1エピソード

感想・レビュー 24

えっと、こちら知らなくて、昨夜「濡れた制服を乾かすには」の表紙で気付きました。重すぎなく、読みやすい作品でした。レベッカ、懐かしくて、物凄く久しぶりに聴きました。今から、続編読んできます。重くないとい
1件1件
なんか、とっても心に残りました~(泣) 複雑な恋愛模様…~(泣)とてもよかったです。
1件1件
読ませていただきました。今までの作品とは違う作風でしたが、今回の感じも好きでした。面白かったです。
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る