ウチューのトチュー01

左の耳から入って、右の耳を抜け出るまで。

池田モノリス

8分 (4,452文字)

82 1万

あらすじ

私がぴょんぴょん消しゴムになって セカイのはしっこまで ごしごし消していくとね 自分の背中にぶつかって ふわふわ、びっくり。 宇宙はとっても広いけれど 私の心も収納できない ワンルーム。 夜の

シリーズタグ

感想・レビュー 23

「文学的な音楽は、そこいらじゅうにあるけれど、音楽的な文学は見たことなかった」 初めて、この作品を読んだときは、そんなことを思ったりしたのですが、この作品はやはり、普段、小説を読む時に作用するとこ
1件1件
不思議と読み返したくなる。 中毒性アリ? また来ます。
1件1件
まだ、6話の途中までしか 読んでないのですが(^-^; 素晴らしい感性ですね\(^-^)/ 皆さん、是非、この作品の不思議な 世界へ引き込まれて下さい。 とにかく素敵なイラストを 見るだけ
2件
もっと見る

この作者の作品