君を守るために私は存在していた

守れさえすればよかった。

112 42

恋愛 休載中
1時間35分 (56,840文字)

あらすじ

私は、大切な人を失った。 守り抜きたかったのに 守らなきゃいけなかったのに たとえ、この身を捧げたとしても なにもかも失った私の目の前に現れたのは

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2013/5/29

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る