1000の刃

目を覚ますとそこには、数千の刃が刺さる見覚えの無い広大な荒地だった…

宵風

ファンタジー 休載中
27分 (15,839文字)

60 60

あらすじ

幾千もの刃が、不規則かつ不自然に刺さった荒地で目を覚ます…… そこは今の今まで暮らしていた世界とは違う、異様な光景が広がっていた…… 小説初投稿作品でご

感想・レビュー 11

はじめまして、イベント参加ありがとうございます。陶山千鶴です。さっそくレビューさせてもらいます。 見渡すかぎり、様々な刃が刺さっているのですね。物語の読み始めの印象としては、かなり衝撃的ではあるし、
ネタバレあり
出だしから面白かったです\(^o^)/ 更新がんばってくださいねo(^o^)o
ネタバレあり
こんにちは(`・ω・´) イベントから参りました星羅と申します。 僭越ながら読ませて頂いた感想を述べたいと思います。 最新ページまで読んだ上での全体的な感想は、文章が綺麗に整っていてとても読み易
ネタバレあり
もっと見る

この作者の作品