ルチルクォーツは矢を放つ

心安らげるバーに現れたのは、いつもバッチリ決まってる“筈”の上司だった。

1,034 876

BL 完結
2時間30分 (89,917文字)

あらすじ

【腐向けリーマン】 「bar Rutile」 そこは夜な夜な同性愛者が集う街に佇む、温かく光るお店。 陽太は自分の居場所を見つけ出したかのようにそこへ通っていた。 だがある日、突如安らぎの場所は衝

感想・レビュー 2

吐血!した! やばいwこれは萌えるwてか読んでるだけで幸せになるww
塚口さんの天然ぶりに突っ込みながら、関西弁のテンポと温かみを感じる会話に引き込まれています。
2件

この作者の作品