かごめの姫君

少女は駆け抜けて、僕らは残された。――和風ホラーミステリー

姫野 春

ホラー 休載中
1時間51分 (66,508文字)

1,278 1万

あらすじ

十年前の夏の日。まだ小学生だった僕達は、どんな願いも叶えられる儀式を失敗した。 少女の死を悔やみ続け、時間を止めていた僕達が再開した夏祭りの夜、事件は起きた。 傍らに落ちていた折り鶴のメッセー

感想・レビュー 7

かごめの童歌で、どんな話になっているかという興味で読みはじめました。 呪いを解こうと奮闘していく辺りから読むのが止まらなくなりました。 ちょっと混乱しそうになったけど、面白かったし穏やか気持ちになれま
ネタバレあり
1件
お、おかえりなさいーーー(○・v・)ε・●)チュッ♪待っていました!リニューアル後も作品にどんどん飲まれていけ感覚がたまりません!どんな形でもこれからも応援しています!
1件
ノスタルジック和風ホラー。 姫野さんの作品はホラーなのになんだか温かい気持ちになりますね。 願いを抱いたまま死んでしまった姫と高校卒業前の不安な主人公達がこれからどう関わっていくのか、楽しみです。
12件
もっと見る

この作者の作品