殺意の輪舞(ロンド)

【短編ミステリー】

風戸 桂

42分 (25,131文字)

166 169

あらすじ

死んだ人間(?)vs生きた人間。 夫vs妻。 完全犯罪vs完全犯罪。 プライドと命を懸けた、二人の賭け引きが今始まる。 最後に舞台に残るのは? そして、明かされる衝撃の事実とは? ※

シリーズタグ

感想・レビュー 7

短編ですが、内容が濃く面白かったです。発想も見事ですが、主人公の内面の葛藤や心理描写すごかったです。 とても作り込まれた作品ですね。面白く、読みやすい作品でした! 最後のどんでん返しには驚きました!七
ネタバレあり
1件
初心者ながらレビュー書かせていただきます! 僕の読み違いでなければ、直哉の犯行が、一章で彼が妻を発見したときの心境の描写と矛盾するような気が…したりしなかったり!間違ってたらすみません! その点を
ネタバレあり
1件
最後のどんでん返しがすごかったです! 短編でもたくさんの心情がとてもよく表現されていて一気に読み進めてしまいました! とても面白かったです!
もっと見る

この作者の作品