あふるる想ひ―陰陽師と鬼姫―

初めての恋は、痺れるように甘く熱く重く、そして苦く痛かった。

華寅まつり

1時間14分 (43,935文字)

504 395

あらすじ

※タイトル変更しました。 平安時代 穢れを知らない幼い姫が、夢の内容を父親に語ったことによって――大きな事件が起きてしまった。 時は移ろい、東宮の要請でその被害者である陰陽師の息子と、成長した姫が

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る