春のむこう

「おはようって起きたら、わたしの部屋じゃなかったんだよ!」

ゆの

歴史・時代 休載中
56分 (33,355文字)

43 26

あらすじ

春田きこ、18歳。 ――目が覚めると、そこは別世界でした。 だいすきなのは、お醤油の匂い。頭は鈍いが視力はいい。 そんなきこが迷い込んだのは、幕末の世界。 新撰組の屯所に、落ちてきたらしい。

感想・レビュー 3

もう本当にきこちゃん大好きです!面白すぎて笑えます(´∀`*これからもがんばってください。楽しみに応援しています!
面白いです!キャラとか文脈も面白いです。更新楽しみにしてます!!頑張ってください!!
おもしろいです~(^O^) もっとページ数が増えてから読もうかなと我慢していたのですが、ちょっとだけと思って読んだらあっという間に(^-^; 続き楽しみにしていますので★ 主人公キャラ、面白くて好きで

この作者の作品