俺の後輩が親に会いたいとうるさいんだが

「息をはきかけないでください。クサいですから」「帰る」

バウム

6時間32分 (235,049文字)

2,244 832

あらすじ

とりあえずで生きている荒木達也は平凡な男子高校生だ。 廊下で校内の地図を見ていた少女は何故か白衣を着ていて、とても可憐だった。 外見だけは。 「うっせえです! 冴えないくせに!」 「聞いてもな

感想・レビュー 2

僭越ながら拝読させていただきました。 所々に気付かぬ伏線やらしさがあり、かつ一人一人の性格が出る。全員が全員、何かピースを握っていて複雑な、でも不思議な魅力に溢れている……と感じました。長々と意味不明
やっと可愛げなとこが~
1件

この作者の作品