彼女に、僕が監督と呼ばれた日

名探偵な彼女は”批評家”。 ”監督”の僕の青春は、映画と事件で大忙し。

ふたば映華

ミステリー 休載中
9分 (4,943文字)

1 2

あらすじ

高校の映画研究会で”批評家”を自称する同級生、御園ゆう(みその ゆう)と知り合った映画監督志望の僕は、彼女に”監督”と呼ばれながら、映画の題材になりそうな出来事を求めて、数々の謎や真実と出会う連作学園

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品