クロユリ

長州の女王と倒幕派と新撰組の物語り

井月 節菜

歴史・時代 休載中
2時間58分 (106,329文字)

312 148

あらすじ

とある一人の女がいた。 昼は甘味処で、夜には島原で働く女が…。 でも、女の本当の姿は、 “クロユリ”と呼ばれる 長州倒幕派の女王だった。 “クロユリ”の正体を知るのは、ごく一部。 裏から

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品