天鵝の裳(ころも)

羽衣を纏った天女が山の泉に降り立つとき

吾妻栄子

恋愛 完結
26分 (15,075文字)

20 451

あらすじ

山で独り暮らす若者日生(にっせい)は、ある日、虹色に輝く衣を偶然見つけ……。 「羽衣天女」のパロディというか改作です。 狐珀丸さんが作品のイメージイラストを描いてくださいました[link:ilst

シリーズタグ

感想・レビュー 7

一気読みさせていただきました。 難しい言葉も随所に出るのですが、それが作品を更に際だたてていますね♪ 正直に面白かったです。 我が儘を言うと、ラストの後日談なんか読みたかった。 そう思うほど
1件2件
丁寧な感じが文学的で良かったです(^_^)v パロディですか!?リメイクって感じがしたんですけど? ボクも昔のページでリメイク作った事あるんですよ(^_^)v 頑張って下さい!
1件2件
 子供の頃に読んでいたお伽話を大人になってから読んでみると、様々な隠喩や教訓に気付き、新たな発見があります。この「天鵝の裳」は、大人の感性に適うおとぎ話だと思います。  吾妻さんの文体は、物語の世界
3件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る