消えたい私の処方箋

──俺は、きみに何もしてやれない

水無月美樹

恋愛 完結
5時間27分 (195,686文字)

3,276 3.8万

あらすじ

  “オマケの人生” そう言われても悲しくも、腹立たしくもないんだ。 だって、その通りなんだもん。 ──羽島瑠璃、17歳。 ある日、病院で大金を拾いました。 そんで、すごい疲れた

シリーズタグ

感想・レビュー 57

気になるのは、。。

「私が願っているのは、この娘が自分で幸せを選びとることなんです。その邪魔は、たとえ母親でもできません。」 ここで涙腺破裂しました。😭 幸せの形はそれぞれで、時に、周りや相手のためと幸せを手放し
1件1件
まずは完結おめでとうございます。 そして、お疲れ様でした……! 最後まで読ませていただき、またリュ―ちゃんとルリちゃんの出会いが見たくて最初から読み返しちゃいました\(^o^)/ ののちゃんに対する各
ネタバレあり
1件2件
完結、おつかれさまでした。 おめでとう、ありがとう。 処方箋は読んでいて胸がいっぱいになるような、苦しくなるような、波が何度も寄せては引いていく作品だったので、やっぱり最後は泣いてしまいました。 い
ネタバレあり
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る