想収録

それは花が散るほんの刹那の物語

四季彩

歴史・時代 連載中
25分 (14,636文字)
花言葉と神子様と幕末と新選組をかけた作品です。ファンタジー要素あります

339 128

あらすじ

*********************** 記憶を失った私が出逢ったのは、壬生の狼と呼ばれた、誠の武士達―― 例えどうなろうと、私の心は此処にある。 出逢えたのは本当に奇跡でした。 ***

シリーズタグ

感想・レビュー 1

雪村朔良改めて神田雪です! 雪村としてのイベント、参加ありがとうございます!( ^ω^ ) 主人公が記憶を失ったというのが、どう失ったのか。それから明かされる鬼の一族などキャラや設定に魅了されました。
1件2件

この作者の作品