ひきこもりの妹が、探偵を始めたようです

平凡な高校生の兄とひきこもりの妹が、謎を解き明かしていく日常系ライトミステリー

回る鈴木

3時間43分 (133,741文字)

95 315

あらすじ

主人公である定家牽牛(さだいえ けんご)は、どこにでもいる一介の高校生だ。 しかし、彼に特筆すべきことがあるとするならば、それは妹の定家カズラのことだろう。 有名進学校である久遠寺大学付属高等学校に

感想・レビュー 2

事件との出会い方が某有名探偵みたく行く先行く先などという感じではなく、それでいて日常的なスケールの事件であり、一見パッとしない感じですが地味とか感じさせない感じで面白かったです
読みやすい文体でスラスラ読めますね。また安楽椅子探偵というポジションをひきこもりにするというのは面白い試みだと思いました。登場人物のコミカルな掛け合いは楽しいですし、サブカルネタには笑わされました。
ネタバレあり
2件

この作者の作品