嗚呼、麗しの水商売

風営法も暴力団排除条例もゆるゆるだった時代のキャバクラライフ

あんにゃ#長編休止中

1時間28分 (52,511文字)

258 2,531

あらすじ

今から[ピー]年前。 風営法も暴力団排除条例もゆるゆるだった時代。 そんな時代にキャバクラでの仕事を選んだ女がいた。 それが作者、あんにゃである。 作者自身の実話を綴っていきます。

タグ

感想・レビュー 3

楽しんで読ませていただいました。 まさかの体験談に はらはらドキドキ。 はじめてのお店が 危なすぎて、もうお客さんの奇行も最高でした。 色んな出会いが経験となって 沢山の名作が出来てるんだなって改め
ネタバレあり
1件
あんにゃさん、お疲れ様です。 …なんかもう、あんにゃさん大好きです!(///∇///) あんにゃさんから感じる優しさや人間臭さ(!?)に密かに(?)惹かれていたんですが…。(「人間臭い」人が好き
1件
あんにゃさん版お水の花道。 一筋縄ではいかぬあれやこれや。 (あ。そっちの縄でなく) 真実は小説よりも奇なりを地でいく。ばく進する。 変態の勇者へつづく道。 ……(*゚ψψ゚*)プフ
1件

この作者の作品

もっと見る