朝靄色彩論

僕の唯一を、捜す旅。

幾多圧軋

22分 (13,182文字)

2 6

あらすじ

「いつ死んだっていいのなら、寿命で死ねばいいじゃない」 命を絶つつもりで向かった崖の上の集積場。 役目を終えて、打ち捨てられた路面電車の中。 そこには一人の少女がいて、いくつもの、出会いがあって

タグ

タグは登録されていません

シリーズタグ

感想・レビュー 1

 詩的な文が排他的な舞台とテーマにすごく合っていて、幻想的で綺麗でした。  子供扱いして教えてくれない大人に対して、主人公が自分なりに限界まで抗っていると見えます。  抽象的に描かれていることで、感情
ネタバレあり
1件

この作者の作品