Over//World

いつか、仮想(せかい)の明日(むこうがわ)へ──

ナナヤシキ

47分 (28,019文字)

34 40

あらすじ

世界は偽物だった。有限だった。残酷だった。 でもそれはきっと“真実”よりも幸せに満ちている世界で── 変わらない毎日、永遠に続くと信じていた退屈な日常は、ある時告げられた“真実”によって呆気なく崩れ

感想・レビュー 1

小説を書き始めてから数年が経って、 ずっと、書きたくて堪らなかったシナリオが そこにはありました。 文章が、設定が、雰囲気が すべて教科書のように見えました。 ーーともかく、ページをめくると、
1件10件

この作者の作品

もっと見る