僕だけを見つめてくれた君を

 そのとき、一人と一人の空間は二人の空間へと変わる。

夢兎

3時間17分 (118,031文字)

44 52

あらすじ

 そこにしかないものがある。  そこでしか手に入らないものがある。  そのときしか出来ないことがある。  いつも、いつだって、自分はそれを逃してきた。  小学生の頃、自分はいつも公園で本を読んで

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る