鬼御する者、その透徹なる瞳を

 現代版鬼退治。高校生の主人公が日本刀「鬼斬り」を操り鬼化した者達と戦う。

来栖らいか

3時間24分 (122,265文字)

103 150

あらすじ

 現代まで続く古い家系の多くは、繁栄に伴い多くの人々を犠牲にしてきた。しかしその見返りとして、一族には必ず「業苦」を負う者が現れる。その者達は人ならぬ外見を持ち、屍肉を喰らう鬼であった。  鬼龍将隆(

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る