私立叢雲学園怪奇事件簿

叢雲学園で起きた過去の殺人事件の謎を高校生が解き明かす

189 204

2時間57分 (105,992文字)

あらすじ

「私立叢雲学園」に在学中の秋本遼は、死者の声を聞く不思議な力を持っていた。ある日、美術室の石膏像の中から、少女の頭部が発見される。事件が自らに関わると知った遼は、友人達と力を合わせ、その犯人を突き止め

感想・レビュー 2

(応援)  石膏像の中から死体の頭部が見つかるという、衝撃的な展開で幕を開ける今作。作風もかなりヘビーかつ陰鬱で、しかし時折挟まれる少年たちのやり取りがそれを緩和し、実に好みな作品でした。  描写
あとがきに書いてある全てのものを、私は見つける事が出来ずにいます。 ユウキ君の姉のことや、最終章でのリョウ君の姉の意味など、その他、2部って?サイドストーリーとはどこで公開されているのか?等々・・・お

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る