ばっちゃの柿の木

過疎化の村。人間愛を書きたくて。

清水 誉🐟

11分 (6,343文字)

7 128

あらすじ

超妄想コンテスト「隣に…」優秀作品に選んでいただけました。 遠くの身内より近くの他人。 例えその人がどんな過去でも。

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 8

またまた涙腺崩壊(ノД`)・゜・。 タカシがカミングアウトしてからは展開がよめますが、それでも泣かずにはいられませんでした。 ツネの気持ち、痛い程よく分かります。だからこそ、タカシは時が来たら罪を償
ネタバレあり
3件1件
「ばっちゃの柿の木」タイトル惹かれて、拝読させていただきました。 私の地元でも、「ばっちゃ」って使っていたので、なんだか、懐かしくて。 ばっちゃの、目に入れても痛くないだろう孫に対する愛情、本当に苦
ネタバレあり
1件2件
読ませて頂きました、 素晴らしいお話をありがとうございます とても説得力がありました 方言も心地よかったです! 本当にこう言うのあるんだろうなと 切なくなりました。 優秀賞おめでとうございます!
ネタバレあり
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る