恋のパッションは必然

何も考えないで読めます。むしろ考えたらダメ。

清水譽稀

コメディ 休載中
6分 (3,260文字)
頭をほぐしたかった。深い意味は無い。

5 14

あらすじ

恋に落ちた記念日に、思い出の海に来た。 けれど私は一人。 何故かって言うと、彼が私に隠し事をしてたから……。

タグ

感想・レビュー 1

「考えるな、感じろ!」かな?

しんみりと語るのに、振り切っているなぁ、と一ページ目から笑いました。 同じ遺伝子を持っているなら惹かれてしまうのも生き物の本能かと思いつつ、顔面偏差値の変貌ぶりにどんな掛け合わせが行われたのだろうと
ネタバレあり
1件1件