夜の隙間にて待ってます。

寂しがりやの詩たちです。

羽田光夏

29分 (17,125文字)

10 5

あらすじ

エブリスタでの第2詩集です。 前作同様恋愛詩、ダークな詩、エッチな詩、まじめな詩などいろいろ書いていきますのでもしよかったらおつきあいのほどよろしくおねがいします。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る