空白を埋める白の集合体

第2回女詩会 参加作品

天藍

4分 (1,893文字)

8 57

あらすじ

白い私達についての記述をします。古い本棚から古い辞書を取り出して。そこから言葉を見付けるのです。自分たちに似合わない言葉と似合う言葉と! たった一滴の間違いで今日も致命傷を受けます。 愛しさ

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 11

こんばんは。 拝読しました。 とても深くて、素敵な詩ですね! なにもない中に、なにかが含まれていて。 一言で白と言っても、その持つ意味や広がるイメージは様々で。 全てを覆い隠す白の残酷さと優
ネタバレあり
白いものはたくさんあって、思い浮かべるものも十人十色だと、改めて思いました。 真っ白は綺麗だけど、無な意味もあって、深いテーマでしたね。 イベントでご一緒できて良かったです。
ネタバレあり
素敵な詩作品でした。 どれも読んでいて深いもの感じました。 そのなかで特に私が好きだったの「     」です。 私は趣味でイラストをよく描くので白の絵の具をよく使います。 確かに白は塗りつぶしたり
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る