雪遊び

一度でいいから雪で遊んでみたい、それは病弱な少女の夢だった。

希紫瑠音

1分 (362文字)

3 7

あらすじ

一度でいいから雪で遊んでみたい、それは病弱な少女の夢だった。 セリフは少女(A)のみです。 「超・妄想コンテスト 年末年始スペシャル このイラストにセリフをつけよう! 」に参加しました。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

終始一貫して孤独な少女のモノローグが切なかったです。 眼前の雪遊びの風景も含めて、本当にやりたいことは彼女にとって全てファンタジーでしかない境遇ですね。 小説としては「私は」「私の」と一人称がやや
ネタバレあり
2件1件

この作者の作品

もっと見る