年の瀬

その逆さまの常識はまた元通りにひっくり返された。

砂糖あき@久々です

SF 完結
10分 (5,418文字)

10 21

あらすじ

SF。拉致監禁事件の取材。 ********** 年の瀬に書き始めて書き上げたら、年をまたいでいました。 あけましておめでとうございます。

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

読んでみて、フィリップ・K・ディックの小説を思い浮かべました。 (ディックの小説では、人間と区別のつかないアンドロイドがまぎれこんでいる世界でしたが) クローン人間というのは、現実的にいつか来る未来
1件1件
妄想コンテスト入選おめでとうございます! 佐藤さんらしい作品 こういう展開の作品を、何故思いつくのか? 闇に溶け込む世界、うなります ひょっとして、未来は?
ネタバレあり
1件
こんばんは、haoriです。レビュー失礼いたします、の前に。 優秀作品選出おめでとうございます(*^-^*) ではここからはレビューを。 人間とクローンとの比率や人間と思っていた主人公の正体など
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品

もっと見る