『暗闇古書店』

ある寂れた無人駅をでると、目の前に現れたのは・・・

こんちゃ~☆

3時間6分 (111,536文字)

365 1,270

あらすじ

ある寂れた無人駅。 その駅を出ると、目の前に一軒の店が見える。 その店は少し古めの建物で2階建て。 店の入り口らしきところに『津田古書店』という看板が置かれている。 一見、普通のどこにでもある古書店の

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません