その女、源麗子

それは哲学か、屁理屈か。

林田尚樹

35分 (20,596文字)

5 80

あらすじ

酷く疲れた夜に出会った、相手をするのが酷く疲れるタクシードライバー源麗子。 「お客さん、しけたツラしてますよ」 彼女の一言を皮切りに、俺と麗子の先が読めない問答が幕を開ける。 それは果たして哲学

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません