どろっぷあうと。

誰も心に思い出の交差点がある

林田尚樹

青春 完結 過激表現
5時間12分 (186,723文字)

26 247

あらすじ

父親が転勤族なばかりに三度目の転校を余儀なくさせられた水樹。 大好きな友達と別れ、不安と寂しさを抱えたまま新天地へ引っ越してきた彼女を待っていたのは、水樹と同じ境遇で不良少女の千夏だった。 水樹の

感想・レビュー 2

女の子の成〔性〕長は男達と異なり異変、精神も肉体も宇宙を含有しているからだろう。@@@結婚は家族を構成しつつ親友との絆を破壊するばかりだ。・・・残酷ながら人生は人それぞれで、生きていかなくてはならんか
1件1件
この作品は1人の少女の成長を描いた長編作品。 私は途中から彼女の成長を「見守る」かのごとくどんどん読み進めてしまいました。 ゆっくり読むはずだったのですが、その「見守る」って視点、決して速くはない時間
1件1件

この作者の作品