雨の滴に詠む詩

第三回女詩会参加作品

上谷智咲

3分 (1,646文字)

7 29

あらすじ

清瀬美月さま主宰の女詩会参加作品です。テーマは『雨』 第三回 女詩会 /_event_view?e=148311 しとと降る 雨に見るのは 幻か 今宵も雨が 夢へ誘う

感想・レビュー 14

艶かしくみずみずしさの残る恋慕の心象風景と、しっとりとまとわりつくような雨雫の気象風景が五篇の詩のなかに入り混じり溶け混んで、雨と恋というものの境目がわからぬほどの表裏一体の物体となって感じられました
ネタバレあり
1件2件
まずは、イベントお疲れ様でした☆ 雨をテーマにたくさんのストーリーを堪能させていただきました。 好きな人と一つの傘の下に入ると、それだけで幸せな気分になりますよね。 それがまた忍んだ愛であるならば
ネタバレあり
1件1件
拙いレビューですみません。 恩情のような強い言葉と、可愛らしささえ感じるような言葉が交互にあらわれ。 ドキッとしたり、癒されたりしながら読みました。女心はやはり複雑で人間はもっと複雑ですね。 作
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る