感想・レビュー一覧 14件

艶かしくみずみずしさの残る恋慕の心象風景と、しっとりとまとわりつくような雨雫の気象風景が五篇の詩のなかに入り混じり溶け混んで、雨と恋というものの境目がわからぬほどの表裏一体の物体となって感じられました
ネタバレあり
1件2件
まずは、イベントお疲れ様でした☆ 雨をテーマにたくさんのストーリーを堪能させていただきました。 好きな人と一つの傘の下に入ると、それだけで幸せな気分になりますよね。 それがまた忍んだ愛であるならば
ネタバレあり
1件1件
拙いレビューですみません。 恩情のような強い言葉と、可愛らしささえ感じるような言葉が交互にあらわれ。 ドキッとしたり、癒されたりしながら読みました。女心はやはり複雑で人間はもっと複雑ですね。 作
ネタバレあり
1件1件
タイトルからとても素敵で、『雫の名前』という最初の作品を読み終えた時にはもう、咲基さんの『雨』の世界観に浸っていました。 静かに語りかけるように綴られた言葉が心地よいです。 特に『傘の華に想うのは
ネタバレあり
1件2件
とても素直な雨の詩で、すんなりと私の心に届きました。 ” 雨が甘い吐息を聞かせてくれるだろう ” の、愛おしさと切なさが伝わる表現に思わずキュンとしてしまいました。 可愛らしく素敵な雨の詩を読ま
ネタバレあり
1件1件
初めまして、理貴と申します。 先日は私の拙い作品に、レビューをいただきありがとうございました。 著者の素直な気持ちが言の葉に乗せられ、すんなりと心に染み込むようで心地好かったです。 個人的に好み
ネタバレあり
1件2件
咲基さん、こんにちは。 同じくイベント参加から、お邪魔させていただきました。 今回のテーマは「雨」 全編通して、雨がもたらす自然の恩恵、雨に打たれて気付く想い、 雨だからこその…全てを包み込むよう
ネタバレあり
1件1件
読ませていただきました(^-^) 「華がつぼむように向かう 駅までの道 華が開くように別れる 駅からの道」 この表現、素敵です(*´∇`) 感情を表す華と、駅に入ってい出入りする度に咲いたりつぼ
2件1件
湿り気を帯びた生暖かい空気に、どこか晴れきらない空模様…。 そんな梅雨の憂鬱を、吹き飛ばすのではなく、素敵な世界へと一変させてくれる作品です。 時に優しさ、時に切なさ。そしてそこから生まれる心地の良
1件1件
雨にまつわる五編の詩、堪能させていただきました。 続く間は長いけれど終わってみるととても短い、そんな梅雨の時期に起こった出来事や、経験したことだからこそ、記憶に焼き付きますよね。 特に、一作目と五作
ネタバレあり
1件1件
雨の滴に詠む詩 を読んで。 昔の恋を想う、複雑な女ゴコロ。 あとがきに著者さまが書かれていた 切なく甘い想いが詩の中にギュギュッと込められ、ひしひしと伝わってきました。 素晴らしい雨の詩を あ
ネタバレあり
1件4件
こんばんは、拝読しました。 どれも、とても素敵な詩でした。 中でも、「だから雨が好きなんだ」がとくに。 雨を楽しみに待つ恋心が伝わって来て好きでした。 確かに雨って、相反するものがありますよね
ネタバレあり
1件1件
初めまして。レビュー失礼します。 キュンとくる詩やほっこりするもの、色々な味のある作品を読ませていただきまして有難うございます。
ネタバレあり
1件1件
初めまして、hein理仁と申します(o^^o) 大変ステキな詩で、わかりやすく、そして切なさがぎゅっと詰め込まれたような表現…私ごときが恐縮ですが、感動しました^ - ^ いろんな捉え方があると勉
ネタバレあり
1件1件

/1ページ

14件