百鬼夜行路 初路

少年と化け猫の妖怪ファンタジー。

水月 玖

21分 (12,287文字)

117 168

あらすじ

祖父の体調不良で、古びた骨董屋の店番をすることになった柊平は、祖父の飼い猫から自分の血筋に伝わる昔話と約束を教えられる。 深夜に訪ねて来たのは、人に化けられる犬。 柊平は、負けず嫌いの性格のおかげで、

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る