レモンタルトの午后 ーあやかしの集う喫茶店ー

姿が見えなくなった少年と、あやかしたちとの美味しい物語。

ユメノ

2時間15分 (80,565文字)
皆様に一番に読まれているシリーズです。はじめましての方は、ぜひこちらからどうぞ🍀

962 4,606

あらすじ

中学生の秋鹿は、夏休み前のある日、姿が見えなくなる。 母親につれられて、祖母のいる田舎で暮らすようになった秋鹿は、祖母の営む喫茶店の手伝いをするようになるが、その店の客は変わった人たちばかりで……。

感想・レビュー 2

素敵な作品

あやかしシリーズ大好きです。とても心が温かくなる。個人的に茶漬けファンです。素敵な作品に出会えました。ありがとうございます!これからも執筆楽しみにしています!
1件1件
とても暖かい物語です。 人は、誰からも相手にされなくなると、本当に消えたような存在になると思う。 見たくないと思えば目が悪くなり、聞きたくないと思えば、聞こえにくくなるのと同じように。 存在を認識
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品

もっと見る