怪物がいた頃

渡瀬は恐怖でこのクラスを支配していた。今日のターゲットはメガネ。

菊池 策

16分 (9,225文字)

14 99

あらすじ

★児童虐待といじめがテーマの小説です。苦手な方はご注意下さい。 この話はフィクションです。 でも、渡瀬のモデルになった少年は、彼と同じ家庭環境で、もっと酷いことを私たち同級生にしていました。

感想・レビュー 3

ええ話や……ハッピーエンドで良かった、途中どんなドロドロで終わるのかと、ヒヤヒヤしました。 ちょっとしたことで未来は変わるよね、そう思えました♪
1件1件
普通の子供がいきなりモンスター・チルドレンに。 こういう報道って多いですよね。 今作品は、現代社会の問題に痛烈に切り込んだ問題作。 子供の「心」を作るのは、親であり、育っている環境であり、周りか
ネタバレあり
1件1件
子供は親を選べない。 それと同時に、親だって産むことは選べるけれど、子供は選べない。 そういう心理はどこかにあるのだろうと、子供ながらに思ったことがありました。 それでも、産むことを選んだ時点で、親
1件6件

この作者の作品

もっと見る