白河奈央のリア充殲滅計画

恋愛なんてくそくらえ

もーたん

恋愛 完結
3時間30分 (125,457文字)

399 649

あらすじ

ーー世の中を我が物顔で闊歩する間違った意味の「リア充」どもを殲滅するのよ。 特に何か成し遂げたとか頑張ったとか、そういうことは全くなく、何となく高校2年生に進級した妹尾淳二(せのおじゅんじ)。過去の

感想・レビュー 3

青春模様が目に見える良描写!

コミュニティから失礼します。読ませていただきましたので感想を書かせていただきますね。 第一印象としては全盛期の「はがない」や「俺ガイル」を連想させる笑い有り涙有りの青春物語でしたね。 私自身高校時代は
1件
幼馴染、後輩、勿論 妹尾君と白河さんのやり取りがとても微笑ましいと感じました。 次々と出てくる登場人物の個性が良く、楽しく読ませていただきました。
1件
面白くて、つい笑ってしまいました。納得できるところも多くとても面白いです。更新待ってますですか
2件

この作者の作品

もっと見る