磨くということは傷をつけると言うことだ。

誰からも好かれていた彼女が死んだ。神様は賽は投げない。

相生 逢

16分 (9,396文字)

6 5

あらすじ

誰からも好かれていた彼女が死んだ。彼女の葬儀で彼女の人柄を話すクラスメイト達。 話を聞けば聞くほどおかしな話しが事実が浮かんでくる。 本当に彼女は良い人だったのか。 神様は賽は投げない。賽を投げ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る