自己紹介

【さよならが薄れる日常】 佐倉賭守には四人の両親がいる。 「あなた、幽霊がみえるんだって?」 突然、そう話し掛けてきた七々緒鳴海が賭守と共に出会ったのは小学生とは思えないほど、聡い女の子黒田亜希だった